ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.10.04 Wednesday

今日はお腹が縞々のヤツだけでした・・・

 

 

ご無沙汰しております。土曜日・日曜日と2日間にわたって房総で開催された

投げ釣り大会に参加しておりました。70歳を目前にした爺様が20代・30代の

若者に交じり、6時から10時までの数時間、5色〜6色の遠投を繰り返しながら

キスを釣るのです。若い連中は7〜8色も投げますが私には無理ですねぇ。

爺様には爺様の釣り方があるはずなのですが「6色にキスが居るヨ!」などと

挑発されると「そこは男の子?」。どうしても頑張ってしまうのです。

結果は土曜日が41尾、日曜日が39尾とまあまあの釣果で6位をいただきました。

実は39尾(5位)が3人居たのでジャンケンで順位を決めることとなり6位となった

次第です。まあ、日本チャンピオンや東西100人選抜大会の常連さんが沢山居る

中での6位ですので「まあ、いいか!」てなところです。

といっても帰宅して直ぐに道具の手入れをして布団に入り、なんと13時間も寝て

しまいました。

月曜・火曜と休養して、ようやく本日から鳥さんの撮影を開始した次第です。

朝からどんよりとしたお天気、それでもお昼頃から晴れるという予報を信じて行

ったのですが、一向に青空も見えず鳥さんも少なく、貧果の1日でした。

付き合ってくれたのはお腹に縞々のあるツツドリとオオタカくらいのものでした。

 

こちらはツツドリさんです。

 

 

 

午後2時頃に出会った枝被りのオオタカさん(証拠写真)。細い枝に隠れるようにとまっていました。

 

明日の木曜日は今季1番の冷え込みとか。風邪など召しませぬようご自愛くださいませ。デハ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.09.25 Monday

2時間限定のサンコウチョウ観察でした・・・

 

 

24日(日曜) は午後から所用があり10時〜正午まで2時間弱でしたが、サンコウチョウ:3〜4羽・

キビタキ:雌雄・ムシクイなどが20m位の高い樹上でホバリングやフライングキャッチをする姿

を観察することができました。

サンコウチョウは、幼鳥だけしか見ることが出来ませんでしたが、ギャッギャッという鳴き声を

たてながら追いかけっこをしているような感じでした。

また、姿を見ることはできませんでしたが、カケスの声も数回聞いたので水曜日が楽しみです。

なぜならば、明日の火曜日も所用が待っていますので・・・www。

 

サンコウチョウのみを掲載いたします。1枚目・2枚目は銀杏の実が色づき始めたイチョウの木ですね。

 

 

 

 

いずれも、一見明るいように見えますが、高くて遠い・暗い・逆光の悪条件、画質は悪いのですが

証拠写真ということでご容赦下さいませ。デハ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.09.22 Friday

今日は「赤系のツツドリ」だけ・・・

 

朝一番は何ということのないお天気でしたが、11時前から何やら怪しい

雲が広がり「豪雨予報」まで携帯メールに届く始末。

11時半を回った頃から大粒の雨が降りだして園内のトイレに一時退避。

雨も上がり薄日も見えたので「まずは腹ごしらえ!」とばかりに売店に。

昼食をしていると再び黒い雲が湧きだして・・・。

基本的に天気は下り坂なのでやむなく撤退しました。

今日の鳥果 は今季初撮りの「赤系のツツドリさん」だけでした。

 

 

 

天気がイマイチ落ち着きませんねぇ。デハ、マタッ。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.09.18 Monday

台風一過、サンちゃんが・・・!!!

 

 

台風一過のホームグラウンド。

台風18号の強風により園内の此処彼処に木の枝が落ちており、園の管理を担当する皆さんは

数日にわたって枝の撤去に汗を流されることと思います。本当にご苦労様です。

「秋の渡り」の真っ最中。台風の後にはこれまでも度々サプライズがありましたので、今回も

かなりの期待をもって園を訪れました。

しかし、ツツドリは飛び回っているものの全く落ち着きがなく撮影すらできません。

きっと大好きな毛虫さんが少なく、毛虫さんを探して飛び回っているのだと思います。

お昼にしようと売店に行くと何と急遽お休みとのこと。仕方なく園の外で調達して撮影場所に

戻るところで常連のOさんから「サンちゃんが居るよ〜!!!」との電話をいただきました。

写友はありがたいものですねぇ。

早速ポイントへ向かい、Oさんの撮影した写真を見せていただくとクッキリとしたアイリングが

あるサンコウチョウの雄のようです。そして二人で探し回ること約1時間、午後1時過ぎに樹上

で戯れるサンコウチョウ(2もしくは3羽)を発見。

飛び回る中、一瞬枝止りしたワンチャンスに何とかサンコウチョウを撮影することができました。

この個体はアイリングもはっきりせず、どうやら幼鳥のようですね。

春と秋の渡りにホームグラウンドでサンコウチョウを撮影できたのは初めてのことでした。

 

なにか囀っているような嘴ですが・・・?

 

カメラ目線のサンちゃんです。

 

昨日の最高気温は21℃、今日は33℃。1日でこんなに温度差があると身体が付いて行きませんよねぇ。

どちら様もご自愛くださいませ。デハ、マタッ。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.09.13 Wednesday

朝からビックリ!の一日でした・・・

 

ルンルン気分で玄関を出たところで「ワオッ!何じゃ、これは???」てなことで

朝からマクロレンズを持ち出して激写ってほどのもんじゃないのですが・・・。

階段室の壁に見たことはあるかも知れないデッカイ「蛾」が!。見たことも忘れて

いるという体たらくな今日この頃なのです(笑)。

 

それが此奴、調べてみると「シモフリスズメ」という「蛾」の仲間らしいのです。

 

 

朝からこんな奴を見つけたから「今日は何かあるぞ!」と期待に胸を膨らませて

やってきました「ホームグラウンド」。

 

先ず出てきたのは、秋の風物鳥ともいえる「エゾビタキくん」でした。

 

 

次に現れたのは「ツツドリくん」、今年のツツくんは警戒心が強くて撮影は非常に厳しいようです。

 

そんなこんなで池の畔にやってくると、居るじゃないですかカワセミが・・・それも「綺麗なイケメンカワ君!」。

 

次に現れたカワセミは最初の子とチョット違うような・・・「若い雌のカワちゃんでした!」。

そのカワちゃんに絡んでいるカワセミも確認され、よくよく見ると雄の幼鳥。

いやはや、シーズンイン早々にカワセミ3羽を確認してしまいました。

 

若いカワちゃんと雄の幼鳥、姉弟のツーショットかも知れませんね。

 

 

 

弟くんは未だ警戒心が薄く、かなり近くまで寄ることができました。

 

園内は、近年にない彼岸花の一斉開花。今が見ごろですので台風前に是非ともご覧ください。

 

 

台風18号が不気味なコースを辿っているようで満開の彼岸花が心配です。

台風が接近したら不要不急の外出はお控え下さいね。デハ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.09.10 Sunday

今週の鳥果ですが・・・。

 

秋の渡りもシーズン・イン。

今年の渡りは例年よりも若干早いような気がするのは私だけ?。

すでに様々な小鳥さん達がホームグラウンドにやってきています。

今週はそんな小鳥さん達?をまとめてみました。

 

この時期外せないのが「ツツドリくん」。

急に増えたカラスが気になるのか、なかなか落ち着いてくれません。

 

やはり、この子たち「ムシクイさん」も外せません。

メボソムシクイさんかな???。

 

この子は頭央線を確認しているのでセンダイムシクイです。

 

この時期、常連の「キビ君」もやってきています。

 

もちろん「キビ♀さん」も・・・。

 

昨年あたりから観察機会が増えた「サシバくん」。これは幼鳥らしい・・・。

 

こちらも昨冬あたりから極めて稀に観察できるようになった「フクちゃん」です。

 

蝶類の大先輩のKさんに教えられて撮影できた「アゲハチョウの交尾」シーン。

 

今年は極端な残暑がないままに秋本番を迎えそうな雰囲気ですが・・・そんなに甘くはないかな?。

気温差がありますのでどちら様もご自愛くださいませ。デハ、マタッ。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.08.27 Sunday

ようやく「秋の渡り」シーズン開幕!!!

 

大変ご無沙汰いたしました。

ホームグラウンドで楽しませてくれたツバメくん達も、集団生活の場である河川敷のねぐらに

去って渡りの準備に入ったようで、時たま上空を通過する程度。 ゆえにホームグラウンドは、

カラス・スズメ・キジバトなどの1年中見られる鳥しか居ない寂しい状態でした。

しかし、本日「2017 秋の渡り」の第1弾として「エゾムシクイ」のご来鳥を視認いたしました。

これから続々と秋の渡り鳥や冬鳥さん達がやってくると思うと大変楽しみです。

 

水場で忙しく動き回る「エゾムシクイ」。

頭部がグレー・体色はオリーブ色・鳴き声が「ピッ・ピッ」と比較的はっきりとした声から

エゾムシクイと判断したのですが・・・。(ISO3200 SS:1/20 いつものことながらキビシイッ!)

 

 

 

 

 

残暑厳しき折、どなたさまもお出掛けの際には熱中症にくれぐれもご注意くださいませ。デハ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.08.04 Friday

ツバメくんの水浴び3態・・・

 

 

ホームグラウンドは相変わらずの鳥枯れ、花も少なく折角咲いた「カノコユリ」や

「ナツズイセン」も野草に覆われて撮影もできない状況。

なのに日本庭園など一部では、連日、草刈り機のエンジン音の響き。

なんか変だなぁ???。

 

今日もお別れ間近のツバメくんの水浴びを撮ってきました。

 

ザッブーンと水の中に入った瞬間。

 

次の瞬間、水に浮き・・・。

 

次には既に空中に・・・。この間、1/2秒位。幼鳥とは言え、さすがの身体能力ですなぁ。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.08.03 Thursday

ツバメ幼鳥の巣立ち

 

 

ここ1ケ月ばかりツバメは成鳥のみが飛翔していましたが、昨日より

幼鳥が混じるようになり今日は総数で10羽位が池の上で飛翔をして

おりました。

未だ力強さは感じませんが1週間〜10日もすれば塒(ねぐら)に行って

しまうのでしょうね。

親鳥は2組、親鳥の羽がかなり傷んでいますので恐らく2番仔?かも

知れません。

 

幼鳥の水浴びを正面から・・・。

 

あとは池の上を飛び回る写真です。

 

 

 

 

 

 

雲が広がって空模様が怪しくなってきたのでツバメくん達にサヨナラしました。

今日も昼過ぎに地震がありましたね。困ったものです。デハ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.07.25 Tuesday

ご無沙汰しております・・・m(_ _)m・・・。

 

ご無沙汰しております。

本来であれば、この時期「花火」をアップするのですが、今年は暑さのせいか?

はたまた歳のせいか?イマイチ気分が乗らず、22日の足立の花火・本日(25日)

の葛飾納涼花火大会をパスしております。まあ、22日は南風が吹いて正面から

風を受ける最悪のパターン本日の葛飾区の天気予報では5mを超える風が吹き、

15時〜明朝まで雨とのことという天候の条件も出足を鈍らせる要因にはなって

いるのではありますが・・・。こんな時には撮影確率の高いものを撮るというのが

鉄則なので、ホームグラウンドで毎度お馴染みのツバメくん達を撮ってまいり

ました。

これまでは、池でのシーンが殆どでしたが、例年この時期(7月20日過ぎ)に

なると、何故か博物館前芝生広場で低空滑空しながら捕食することが多くなる

ようです。時期によって捕食する虫などの居場所が微妙に変わるのでしょうか?。

 

今日の1枚はこれかな?

 

広場を悠々と滑空するツバメくん。

 

 

エサを見つけたようで急減速。これについていけずに、この次のカットには何も写っていませんでした。

 

このカットも良いかも・・・。池の上でやってくれれば「水鏡」になったでしょうねぇ。

 

下の2枚はトンボを撮ろうとしていたら、低空で広場に進入してきたツバメさんが

偶然ファインダーに入ったので思わずシャッターを切ったものです。

 

 

東京の花火は未だ始まったばかりです。機会があれば撮影に出かけたいと思っております。

寝苦しい夜が続きますが、どちら様もご自愛くださいますよう祈念しております。

デハ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

Powered by
30days Album
PR