ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
2019.02.16 Saturday

2月前半のホームグラウンド(まとめ)

 

 

今季はツグミやアトリが少ないなどと言っていたら、この時期になって

結構な数が入ってきました。アトリは推定20羽位、ツグミは50羽近くが

この1週間で入ったようです。またムクドリも30羽位はいるようです。

お隣さん宅にも結構入っているようでこの数日は飽きるほど撮ったとか。

何はともあれ、小鳥さんたちが増えることは励みになりますね。

お花の開花も徐々に春の息吹を感じるようになり、白梅・紅梅・椿などが

見頃を迎え始めています。

 

ミチノクフクジュソウ(準絶滅危惧種)が咲きました。

 

こちらはフクジュソウです。

 

ミツマタの枝にとまるジョウビタキです。

 

ルリビタキも頻繁に顔を見せてくれます。

 

 

 

 

 

 

オオタカの枝止まりも頻繁に見るようになりました。

 

オオタカ飛び出し、モノクロで・・・2羽の連続飛び出しでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは色付きで・・・(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9日には雪も降りましたね。

 

 

 

 

無心にロウヤガキを食べるムクドリです。

 

地上でも採餌しています。

 

ようやく園内を動き回るようになったツグミです。

 

最近、影の薄いカワセミです。警戒心が半端ないです・・・。

 

久しぶりにコサギも来てくれました。

 

 

そんなこんなで2月も半ば。土曜日からは徐々に気温が上昇とか。

寒暖の差が激しくなりそうです。ご自愛くださいませ。

デハッ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

2019.02.04 Monday

アッという間に2月です・・・

 

アッという間に2月に入り、いよいよ三寒四温の始まりのようですね。

啓蟄まで僅かに1ヶ月ほどとなり、春が足音をたててそこまでやってきています。

そんな2月初旬の週末のホームグラウンドの鳥さん達です。

 

オオタカがやってきています。樹上でヤッホー?。

 

と思ったら飛び出しました。

 

脚 長ッ!

 

イマイチでした。

 

空ではバトルが・・・。

 

ルリ男くんは目線より下にいることが多くなりました。

 

 

珍しく「ホシゴイ(ゴイサギ幼鳥)」が飛来していました。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

2019.01.29 Tuesday

強風の1日でしたネ…www

 

 

担いでいる三脚が振られる位の強風が吹き荒れましたねぇ。

そんな強風の中でしたが「ジョウビタキ」「ルリビタキ」は

元気に飛び回っていました。

 

暗い森の中での出会いでした。

 

 

 

 

この子は人が近づく気配を敏感に感じ取り、なかなか写させてくれません。梅林にて・・・。

 

 

 

 

明日は午前9時の時点で4℃とか。

北の大地の方には「なんだ?そんなに暖かいの?」と笑われそうですが(笑)。

インフルエンザが猛威を振るっているようです。御身大切に!!!。

デハッ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

2019.01.25 Friday

こんなに鳥さんが少ない冬があっただろうか?

 

 

ご無沙汰しております。

今冬の「鳥さんの異常な少なさ」でブログネタがない状態なのです。

毎年やって来てフィールドで越冬していたアカハラ・アカゲラ・トラツグミ・ツグミ・ミソサザイ・

アトリ・ウソなどが全くいません。

現在フィールドにいる冬鳥と言えば、アオジ・ウグイス・シメ・ルリビタキ雌雄・ジョウビタキ雌雄

・キクイタダキ・シロハラくらいでしょうか。

その他には、エナガ・シジュウガラ・メジロ・ヒヨドリ・ホンセイインコ・キジバト・コゲラなどの

常駐組の鳥さん達くらいで大変寂しいフィールドです。

毎年この時期には、水場に1時間もいれば結構楽しむことができ、フィールド内ではツグミが歩き回り

採餌の姿を多く見ることができますが、今冬は殆ど鳥さんを見かけません。

今冬の鳥さんの少なさは他のフィールドでも同じような状況ということですので、春の渡りまで何とか

今居る鳥さんたちに遊んでもらいましょうかねぇ。

 

最近のルリビタキです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョウビタキも元気です。

 

 

アオジが通路で採餌をしています。

 

 

冷え込みが厳しくなっています。どちら様もお風邪など召しませぬよう。

デハッ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

2019.01.11 Friday

ルリ君の独占撮影でした!

 

 

寒さのせいかお客様も少なく閑散としたホームグラウンド。

ルリ君もなかなか出てきてくれないので諦めかけた午後2時半。

突然、目の前の枝上で「ヒッ・ヒッ」と鳴きながらこちらの様子を窺っているルリ君を発見。

ゆっくりと近づいて先ずは枝止まりをGET。その後も近くの枝へ次々と飛び移り約30分間に

わたって遊んでくれました。ルリ君と1対1の真剣勝負、撮った枚数は約350枚となりました。

 

直射日光の当たらない良い枝に止まってくれました。

 

 

 

 

 

こちらを振り向いて見ているルリ君。

 

ジワジワと距離を詰めていくと突然ビョ〜ンと細長くなり垂直立ちでピクリとも動かなくなりました。

一種の擬態でしょうか?。こんなことは初めてでした。

 

その後は残り僅かな紅葉を背景にした良い所に…。

 

 

 

こんなこともあるのですねぇ。鳥撮りはヤッパ粘りかな?。

どこぞの餌付けルリ君にはない野性味あふれるルリ君でした。

「ルリ君、ありがとう!」

デハッ、マタッ。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2019.01.09 Wednesday

週末〜週明けのホームグラウンド…

 

今冬は野鳥歴の短い私でも判るほど、種類・数ともに経験のないような絶不調の

野鳥シーズンとなっています。

冬鳥として毎年のように飛来し、越冬するトラツグミ・ミソサザイ・アカゲラ・

アカハラ・ヤマガラ・クロジなどの姿のない園内となっています。トラツグミ・

アカハラ・クロジは一度は見たのですが何処に行ったのでしょう。

園内の何処でも見られたツグミさえも極端に数が少なく非常に寂しい状態です。

昨夏の酷暑・秋の高温や偏西風の蛇行などが影響しているのでしょうかねぇ。

そんな園内で唯一頑張っているのがルリ男くんです。また、年末頃から猛禽類が

上空を舞う姿を頻繁に目撃するようになりました。

ルリ男くんと猛禽類の姿をまとめてみました。

 

ルリ男くんは、日に3〜4度ほど暗い森の中から出てきてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

毎日のようにオオタカが空を舞っています。

 

ユリノキの天辺にとまるオオタカ若。

 

ハイタカもかなりの頻度で姿を見せます。

 

ノスリも悠々と舞っていることがあります。もちろんカラスに纏われつかれながら…。

 

 

 

 

寒に入って一段と寒さも厳しくなりました。

どちら様もご自愛くださいませ。

デハッ、マタッ。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2019.01.04 Friday

ホームグラウンド撮り初めは・・・

 

 

2019年ホームグラウンドの撮り初めは鳥さんが少ない中、ルリ君が相手をしてくれて

何とか格好がつきました。

ルリ君は10時頃から午後2時頃まで都合5回ほど相手をしてくれました。2時頃の2回は

北側樹林帯の一番暗い所でSS1/13、三脚・レリーズは必須でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樹林帯の中は陽が当たらず底冷えの状態。2時半を回る頃に撤収しました。

では、マタッ。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2019.01.01 Tuesday

今年も宜しくお願いします!!!

 

皆様方のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

                         sillago

2018.12.30 Sunday

平成30年 ホームグラウンドの1年を振り返って・・・

 

年末になるとTVも総集編や1年を振り返る番組が多くなります。

私も平成30年の野鳥撮影の1年を振り返ってみたいと思います。

 

年明けの野鳥撮影は「カワセミのホバ祭り」と「猛禽祭り」で幕を開けました。

 

「カワセミ」のホバリング。

 

「オオタカ」の飛翔と飛び出し。

 

 

 

2月に入ると「ヒレンジャク」や「ミソサザイ」が御来鳥。

 

久しぶりの「ヒレンジャク」。

 

可愛い「ミソサザイ」。

 

3月は「トラツグミ」が元気でした。

 

4月に入ると繁殖時期となり「コゲラ」や「エナガ」の営巣が見られ、「コマドリ」や「キビタキ」が御来鳥。

 

「コゲラ」の営巣。

 

「コマドリ」がやってきました。

 

毎年楽しみにしている「キビタキ」です。

 

5月には絶滅危惧種の「ミゾゴイ」や「ムシクイ類」が姿を見せました。

 

初撮りの「ミゾゴイ」。

NHKが放映した「ダーウィンが来た」でも世界に1000羽位しか居ないとのことですが・・・。

 

ムシクイ類が沢山入りました。

 

6月初旬には「ツバメの幼鳥」が元気に飛翔を始めました。

 

猛烈に暑かった7月には「アオサギ」も翼を広げて暑さ凌ぎ?。

 

8月もお盆を過ぎるころから「エゾムシクイ」などの渡りが見られるように。

 

渡りの最盛期9月には「キビタキ」「センダイムシクイ」「ヤブサメ」「ツツドリ」「ヨタカ」

「サンコウチョウ」などを見ることができました。

 

毎年この時期にやってくる「キビタキ」です。

 

頭央線が特徴の「センダイムシクイ」です。

 

10儖未両さな鳥さん「ヤブサメ」です。

 

今年も「ツツドリ」がやってきました。

 

ホームグラウンドでは初見・初撮りの「ヨタカ」です。

 

今年は「サンコウチョウ」をたくさん見ることができました。

 

10月には珍しい「カッコウの幼鳥」や「キセキレイ」「エゾビタキ」「モズ」「マミチャジナイ」

「アオジ」などが御来鳥。冬鳥が混じるようになりました。

 

後頭部の白斑が目印の「カッコウ幼鳥」です。

 

ちょっと早い御来鳥だった「キセキレイ」。

 

逆に今までで一番遅い御来鳥だった「エゾビタキ」。

 

「モズ」は例年よりも早めでした。

 

「マミチャジナイ」は例年どおりでしたが、暖かい秋だったせいか

滞在期間が長かったようです。

 

「アオジ」は例年よりもちょっと早めかな?。

 

11月に入ると「アカハラ」「ジョウビタキ」「ルリビタキ」「カシラダカ」を見ることができました。

 

冬鳥の常連「アカハラ」です。おそらく春までこのフィールドに。

 

常連「ジョウビタキ」も元気に入ってきました。

 

常連「ルリビタキ」は3年ぶりに青い♂が入ってくれました。

 

個体数が減少し絶滅が危惧されている「カシラダカ」。以前は10羽程度が越冬しましたが、

ここ数年は通過のみとなりました。

 

12月に入ると「イカル」の囀りを聞くことができ、「キクイタダキ」「エナガ」や「ツグミ」が

元気に園内を飛び回るようになりました。

 

樹上で囀る「イカル」です。久しぶりの登場です。

 

体長10冂度の小さな鳥さん「キクイタダキ」です。

 

 

 

「エナガ」は早くも営巣の準備に入ったようです。

 

「ツグミ」愛称「ツーちゃん」は未だ地面に降りてくれません。

 

そんなこんなの平成30年。

来年のホームグラウンドにはどんな小鳥さんが来てくれるやら???、楽しみです。

 

今年も「ヤスログ(Sillagoのホームグラウンド通信)」にお付き合いいただき厚く

御礼申し上げます。

来る年もよろしくお願いいたします。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

どちら様も良いお年をお迎えくださいませ。

 

デハ、マタッ。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2018.12.24 Monday

3連休のフィールドは・・・?

 

この3連休中のホームグラウンド。

雨と風で決して良い状態ではありませんでしたが何とか・・・。

初日の土曜日はほぼ収穫なし、昨日はエナガ、本日はルリビタキ♂が遊んでくれました。

 

紅葉バックのエナガです。

 

 

 

 

 

早くも巣材を集めているようです。

 

キクイタダキも出てきてくれましたがほんの一瞬。

分厚い雲の下、SS1/250では止りませんでした。

 

本日は強風の中、ルリビタキ♂が都合3回ほど遊んでくれました。

明るい所だと良いのですが、最近は暗い森の中が活動エリア。

SSは1/20〜1/40位だったと思います(泣)。こうなるとレリーズは必須ですねぇ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ、新顔さんが入ってくれると良いのですが・・・。

お隣の庭園には新顔さんが入ったみたいですので、こちらにも是非是非(笑)。

デハ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

Powered by
30days Album
PR