ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2014.01.22 Wednesday

厳冬の滝巡り


昨週17日(金)、厳冬の軽井沢周辺の滝巡りに行ってきました。
週明けから最低気温氷点下15℃最高気温も氷点下の真冬日
が続いていたので、
ヒートテックに厚手のインナー、防寒万全のお墨付きがあるアウターを着込み、
滑り止めのアイゼンを持って出かけました。
カメラは24-70・フルサイズ1台と70-300・フルサイズ1台の2台態勢。
降雪の中でのレンズ交換はしたくないものね〜。
現地到着時はチラチラと粉雪が舞う状況でしたが、撮影中には青空も見える位に
回復してND8の出番となりました。
私事ですが、最近はEVFに頼りっきり。望遠装着の一眼レフのピント合わせに
チョット苦労しました。
一眼レフの中では秀逸と評判のファインダーですが、EVFの便利さに慣れた私、
そして目が老化してきた私には難行苦行のピント合わせでした(^_^;)。
たまには「一眼レフ」のファインダーも覗かにゃいけませんねぇ。

白糸の滝にて。


緑の苔がきれいでした。


上を見上げると青空が・・・。


浅間大滝にて。


魚止めの滝にて。


上の写真、右上の部分を望遠にて・・・。
2013.12.18 Wednesday

冬景色撮影の旅(2.雨晴海岸と野猿公園)

前日の白川郷は降雪が雰囲気を出してくれましたが、
2日目は「雨晴海岸のご来光撮影」と「野猿公園」です。
この時期、荒天のため1ヶ月に3日位しか撮影でき
ないらしいと伺い「10%の確率」に一縷の望みを託し
ましたが敢え無く自然の前に「撃沈」でした。
早朝撮影を終えて宿に帰って朝食をいただき、野猿
公園に向いました。
駐車場から野猿公園までは階段と緩い上り坂ですが、
雪が踏み固められているので大変滑りやすくなって
います。「帰りが大変だねぇ」などと話しながら歩く
こと20分、お猿さんの楽園・・・。折しも給餌の時間
でお猿さん達は食べることに夢中になって温泉に入る
ものが少ない時間帯でした。
しかし、野鳥撮影でジッと待つのは慣れっこですので
食事中のお猿さんのような格好で待つこと15分。
ようやく母子?のお猿さんが温泉に浸かりましたので
初の「お猿さん入浴シーン」をGETしました。

未だ薄暗い雨晴海岸です・・・


ようやく白々と山の麓がみえるようになりましたが・・・再び雲に閉ざされました


可愛い電車が来ましたので「俄か撮り鉄」に・・・空はどんよりとした日本海独特の空の色です


お母さんのお猿さんが子供の毛繕いをしはじめました


そうこうするうちに子供は眠くなってきたようで zzz!


子供を見守る母猿の姿が印象的でした
2013.12.17 Tuesday

冬景色撮影の旅(1.白川郷の残り柿)


12月14・15日の両日、岐阜県・富山県・長野県の

3県の撮影スポット巡りをしてまいりました。

14日は残り柿と雪景色を求めて白川郷へ。添乗員さん

のお話では3日前には雪がなかったとか。

それがナントナント、到着してみると雪がドッサリあり

肝心の残り柿が隠れてしまっているではありませんか!

それでも何とか残り柿が見える木を探しながら撮影して

まいりました。

新雪ですので足跡は極力つけたくないナ・・・。

でも、できるだけ近寄って・・・


新雪の中に膝まで埋まりながら・・・


水面への映り込みを・・・


雪の原にポツンと納屋らしき建物が・・・


撮影中も断続的に降雪が続きました


次回癸欧蓮雨晴海岸・野猿公園の写真のアップです。

2013.08.20 Tuesday

涼風を求めて


暑い都心から涼風を求めて盆休み明けの裏磐梯へ。

考えてみれば子供たちの夏休み期間中なので何処へ

行っても人・人・人・・・。

しかし、流石に高度があるために朝晩は高原の風が

吹いて気持ちの良い旅でした。

秋元湖の夜明け




毘沙門沼のアジサイ


朝露とミソハギ


不動の滝(子供たちが遊んでいる合間に・・・)


 
2013.08.09 Friday

ひとときの清涼感でした・・・


どうしようもない酷暑の都心を抜け出して八ヶ岳山麓の
「吐龍の滝」にツァーで行ってきました。
夏休み中ということで、駐車場は満杯状態になっており
「先が思いやられるなぁ・・・」などと思いながら滝へ・・・。
谷に入るにつれて周囲の気温が下がり滝に着く直前には
汗も引いて久しぶりの天然クーラーにすっかり満足。
滝の周りには観光客がたくさん居て撮影はかなりキツイ。
到着当初は薄日状態でしたが、しばらくすると陽が射し
はじめて水量の多い滝はND8でも飛びまくり・・・。
それでもなんとか誤魔化しながら撮影してきました。
バスツァーは楽ですが、朝一にじっくり撮りたい時には
何となく充足感が得られませんね。

比較的陽の当たらない滝を狙って・・・


左上の黄色い花が右下にあれば・・・


水量の多い2つの滝を撮ってみました・・・


横構図で撮ってみました・・・




2013.07.08 Monday

奥多摩の滝巡り

7月7日(日)は奥多摩の滝巡りをしてきました。
梅雨も上がり都心は夜毎の熱帯夜ですが、さすがに
奥多摩桧原村まで行くとまだまだアジサイも咲いて
います。最高気温はそんなに変わらないようですが
最低気温が大幅に違うようですね。
鬱蒼とした森林からは「オオルリ」や「ウグイス」
の囀りがやたらと聴こえて滝巡りをしている身には
チョット辛いものがありました(笑)。

九頭竜の滝近くの渓流にて


龍神の滝にて


後ろを見ると綺麗な青空が・・・


払沢の滝では修行をされている女性が印象的でした・・・

2013.06.19 Wednesday

八千穂高原の一日でした・・・

18日は信州・八千穂高原に行ってきました。
今にも降り出しそうな雲行きで、PLフィルターのみで
SS2秒のスローシャッターが切れる位の曇天でした。
水辺の撮影は面白いですね〜。

もみじの滝だったような・・・


小さな渓谷の流れを・・・


ひっそりと咲くツツジと白樺・・・


若葉がきれいでした・・・


ND8で水面に浮く葉を・・・もう少し長秒の方が良かったかも・・・デス

2013.06.01 Saturday

奥日光にて・・・

昨日(5月31日)は久しぶりの撮影ツァーに。
行先は奥日光湯滝と竜頭の滝。
日帰りツァーですので、早朝撮影もできず多くは望めませんが運転
することを考えると、とっても楽ですねぇ。
お天気が良すぎて滝撮影には不向きな「ド・ピーカン」ギラギラに
なりました。こんな時に備えて常備している「ND400」フィルター
の出番は「今でしょ!」・・・ところがなのでありますwww。
第一撮影地の湯滝観瀑台から撮影しようとカメラを三脚にセットし、
ND400を装着しようとしたら無情にもポロリッ・・・OH!NO!
叩きつけられたフィルターは無残にも3つの部品(枠・本体・リング)
に分解され、フィルターには欠けが入ってしまい・・・(泣)。
「未だ、1枚も撮っていないのに〜」
悔しさ・情けなさで頭の中は真っ白に・・。持っていたND8・ND4を
重ねてみたり、PLフィルターを重ねてみたりの掟破りをして何とか
滝らしきものを撮ることができました。
お天気があまりにも良いので、輝度差が激しく非常に難しい撮影でした。 

帰路にバスが立ち寄ったお土産屋さんの裏の山で、オオルリやキビタキが
 
 
 盛んにさえずっていました。ホームグラウンド分園(日光植物園)が近く
 にありますので、今度行きたいと思っております・・・


ここでND400をポロリとやってしまいました。



ミツバツツジは未だ蕾が多く三分咲き程度です


両岸のミツバツツジを入れて


竜頭の滝です


右側をアップで


講師の先生ご推奨、長秒間露出で(バラバラのND400を組みなおして何とか・・・)

2013.02.22 Friday

曽我梅林の撮影のはずが・・・(Ver.2)

雪景色の後は梅撮影、そして海岸・漁港の夕日と

盛り沢山の一日でした。


メジロをもう一枚・・・


海岸線は折からの干潮で遥か彼方に・・・


漁港の夕日がきれいでした・・・


2012.02.26 Sunday

富士花鳥園+白糸の滝

25日は、久しぶりに写友達と大勢で富士方面の日帰り撮影会に。

残念ながら雨降りで富士は見えず、逃げ場の富士花鳥園へ。

園内には色とりどりの花々が咲き、鳥好きにはたまらない

たくさんの梟やミミズクが・・・。もちろん篭の鳥ではありましたが。

昼過ぎには雨も上がり、白糸の滝を撮影に。

しかし、滝へ下りるメインルートは昨秋の大雨で崩れ工事中。

やむなく迂回ルートで滝見スポットへ。

なんとか滝の撮影と樹海の苔撮影を終えて帰路につきました。

3羽仲良く・・・


この子の顔は???


可愛いチッチャな梟でした


白糸の滝で〜す


右側の流れ込みを・・・




Powered by
30days Album
PR