ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.07.04 Tuesday

ホームグラウンドに今季初のカワセミが・・・

 

 

あちこちでカワセミの幼鳥が飛び回っている情報を見かける今日この頃。

ホームグラウンドで見られるのはもう少し先かな?などと思っていましたが、

本日2羽のカワセミ幼鳥を発見。今季初のご来鳥です。

 

今期、初カワセミ

 

神経質な個体ではないようですので居付いてくれるのを楽しみにしています。

見かけても追い回さないでくださいね。ヨロシクです。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.07.03 Monday

2017年も後半に入りました・・・

 

 

小池旋風が吹き荒れた都議選。

明朝には「台風3号」が九州上陸とか。

7月早々、風が吹きまくっていますが「風邪」はひかないように(笑)。

予想コースを辿ると九州⇒関西⇒中部を通過し関東を直撃するかもネ。

ホームグラウンドでは、地元産のツバメくん達が少なくなり、飛び回

っているのは親鳥さんが殆どです。

もう少しすると2番仔が飛び回るようになるかもしれません。

子育てを終えたツバメさんや親離れをしたツバメさんが、河川敷等の

「ツバメのお宿」で団体生活をしているってご存知でしょうか?

「日本野鳥の会」では、毎年河川敷で集団生活を送っているツバメ達

の観察会を開催しています。

===============================
[1]「六郷土手ツバメのねぐら入り観察会」要事前申し込み
     【多摩川河川敷(東京都大田区)】
      7/30(日)、8/6(日) 
===============================
多摩川河川敷で数千羽のツバメのねぐら入りを観察します。

▼実施概要
日 程:2017年7月30日(日)、2017年8月6日(日) ※荒天中止
時 間:18時00分〜20時頃
集合場所:京急「六郷土手」駅改札外
定 員:各20名 ※定員を超えた場合は抽選
        ※ご参加いただける方には、7/13(木)以降に、
         メールや郵送で詳細をご案内いたします
参加方法:7月12日(水)までに、メール( event@wbsj.org )か、
     FAX(03-5436-2635)で以下の項目をお知らせください。
     (1)ご希望の日程 A 7/30、B 8/6 
     (2)参加される方のお名前
     (3)ご住所
     (4)お電話番号
     (5)メールアドレス
参加費:無料
主 催:(公財)日本野鳥の会 普及室
備 考:集合場所から観察地まで約20分歩きます。
    双眼鏡の貸出有。
    8/6は、(株)ニコンイメージングジャパン様から協賛を
    いただいています。ニコンの望遠鏡や飲み物、ニコンよう
    かんをご用意しています。

===============================
[2]「全国ツバメのねぐら入り観察会」申し込み不要(一部を除く)
     【全国各地】 
        7月〜9月
===============================
全国各地で、支部主催のツバメのねぐら入り観察会を開催します。
時間や場所などの詳しい情報は以下からご覧いただけます。
http://www.wbsj.org/activity/event/swallow-roost-observation/

 

数千〜1万羽の夥しい数のツバメの乱舞が観察できます。

宜しければ、ご参加下さいませ。

 

今日のツバメさんです。

ツバメ飛翔

 

どちら様も熱中症にはくれぐれもご注意くださいませ。デハ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.06.22 Thursday

ホームグラウンドのブルーインパルス???

 

 

あっという間にアジサイやハナショウブの時期が過ぎて

睡蓮やハスの時期となりました。

ハナショウブまでは何とかでしたが、睡蓮やハスがない

ホームグラウンドは緑一色となりました。

そんな中、水位の下がったお池ではツバメ達が舞い遊び

ブルーインパルスの曲技飛行を見ているようです。

 

編隊飛翔・・・。

 

単独での曲技飛翔?・・・。

 

 

 

 

園内の池はネット上では「ザリガニ釣りの聖地」とか言われているそうですが

ザリガニ釣りは禁止で〜す。「良い子は、この立札に書いてあることを守りま

しょうね!!!」。特に、お父さん・お母さん、よろしくお願いします。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.06.10 Saturday

元気なツバメさん・・・

 

 

昨日は撮影中にメイン機材のマウント部分が異常に動くことに

気付き、即刻サービスセンター持ち込んだらやはり入院。

ということで、本日はサブ機でのツバメ撮影と相成りました。

お天気が良かったせいか、昨日より高い所での採餌飛翔が多く

なかなか池に降りてくれませんでしたが何とか・・・。

 

お池にザッブーン!と・・・。

 

 

 

 

お池の上をスーイ・スイと・・・。

 

 

 

 

たまには水分補給も・・・。後ろにはツバメの姿の波紋が・・・。

きっと、ちょっとだけお腹を水面につけた格好で水を飲んだんでしょうねぇ。

 

AF性能が良くなったメイン機材に比べると、今ひとつスッキリしませんが

修理が終わる頃にはツバメ君達の動きに慣れていることでしょう。

何と言っても、この時期しかツバメ君達を撮ることはできませんのでネ。

デハ、マタッ。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.06.09 Friday

ツバメの季節です・・・

 

 

今年もホームグラウンドの上空をツバメが飛び回る季節に

なりました。毎年、梅雨入りの声とともに沢山のツバメが

元気に飛び回ります。空中では親鳥が幼鳥にエサを与える

シーンも見られます。

今日は元気なツバメの撮影をしてまいりました。

 

今日の1枚はこれかな?

 

水を飲む練習をしている幼鳥?

 

 

成鳥の飛翔はやはり早いですねぇ・・・。

 

おまけです・・・。ある日のフクちゃん・・・。

 

明日の最高気温は何と32℃だとか・・・。

どちら様も熱中症にはくれぐれもお気をつけ下さいませ。

デハ、マタッ。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.06.02 Friday

6月初旬のホームグラウンドでは・・・

 

 

月日の経つのは早いもので6月に入りました。

ホームグラウンドに長いレンズを持っては行くのですが

いよいよ本格的な鳥枯れのシーズンとなり、結果が出せ

ない毎日です。

一昨日は“ホトトギス”の声を7〜8回聴きましたが、

のごとく姿が見えず惨敗に終わりました。

結局、使うのはマクロレンズ装着のAPS-C機のみ。

今日もそんな1日でした。

 

紫陽花が咲き出しました。

 

 

ムシトリナデシコが咲いています。

 

シロアザミゲシが綺麗です。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:植物

2017.05.28 Sunday

ホームグラウンドも鳥枯れで・・・

 

昨日は久しぶりのホームグラウンド。

朝一番から入園しましたが、春の渡りも終わったのか?目ぼしい野鳥は

全く居らず一度もシャッターを切らずに帰路につきました。

でも、ゴロ助さんの声は2度ほど聞くことができました。

 

本日は掲載写真がありませんので、いささか時期外れですが4月に昭和

記念公園で撮影したブログ掲載用の在庫写真です。

 

久しぶりのネモフィラのマクロ撮影でした。

 

ルリジサというお花のようです。

 

花筏の流れをND400を使用して撮影してみました。

三脚を持参しなかったので岩の上にカメラを置いての撮影でした。

 

 

JUGEMテーマ:植物

2017.05.25 Thursday

キビタキさんに会いに行ってきました・・・

 

 

ホームグラウンドではキビタキの囀りが聞こえなくなり渡りでは残すところ

トケン類(カッコウの仲間)だけとなった今日この頃。  かと言って単身で

深山幽谷に分け入る歳でもないので栃木の「お山」に行ってきました。

出発の1時間ほど前に何やら聞き覚えのある囀りが聞こえてきたので、窓を

開けてみると自宅裏の神社の林からキビタキの囀りが・・・。

写真を撮る時間的余裕はなく、取り敢えず証拠として囀りを録音しました。

 

お山ではキビタキが其処彼処で囀り、番いとなる♀に猛アタック。暗い木陰

で尾羽をクルクル回しながらディスプレーをしているキビ君も。

そんなキビタキ達、樹上で囀るクロツグミ、樹上で囀るカッコウなどを撮影

できた今回のお山でした。

 

まず現われたのは「キバシリ」でした。

キバシリというとペタッと木の表面に張り付いたような写真が多くなりますが、

今回は横からの撮影に成功しました。

 

 

 

お山のキビタキは本当に綺麗な個体が多いですねぇ。

 

 

 

 

 

暗い森の中を、よ〜く探すと雌のキビタキにも出会えます。

 

2日目、朝一番で出会った「カッコウ」です。

距離は約50m以上でしょうか。大トリミングでした。

 

 

「クロツグミ」が綺麗な声で囀っていました。こちらも遠い樹上で推定距離40m位でした。

 

 

 

 

「トビ」も営巣の準備でしょうか。巣材を運ぶトビを発見しました。

 

 

目的としていた鳥さんには大体会うことができましたが、オオルリは2回ほど会っただけ。

地元のバーダーさんによればオオルリは先週抜けてしまったとか・・・。でも、居ましたよ。

ちょっと心残りでしたが、雨も止みそうになく「また今度!」ということで帰京しました。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.05.14 Sunday

「サンコウチョウ」ご来園です・・・!!!

 

 

5月も半ばとなり、今年もホームグラウンドにサンコウチョウが来る季節。

朝からドンヨリとした空模様でしたが「そこに自分が居なければ撮ること

叶わず」ということで、今日も機材を担いでホームグラウンドに。

森の中はジャングルのように暗く、ISO感度3200でも1/60〜1/125程度の

最悪の状況です。しかし、10時半を少し回った頃「ホイホイ」という独特

の囀りが聞こえたので、ご自宅に居られるであろう写友のSさんにメール

を送信しながら捜索すること20分位でしょうか。3度目の囀りに樹上を

見上げると迎角45度位の枝上に尾の長いサンちゃん♂が。

撮影時間は、ほんの3秒程度でしたが何とか証拠写真をGETしました。

 

久しぶりのサンちゃん♂でした。

 

左を向いて・・・

 

右を向いたかと思うと飛んで行ってしまいました。

 

その後、Sさんと園内を捜索するも再会できず、火曜日までの持越しと

相成りました。もうちょっと条件の良い日に撮れれば良かったのですが

こればかりは如何ともしがたく、リベンジを期して園を後にしました。

 

JUGEMテーマ:野鳥

2017.05.13 Saturday

北信の鳥さん達・・・

 

 

約7か月ぶりに北信のお山に鳥さん達を見に行って行ってきました。

園内には未だ大量の雪が此処彼処に積まれており、園内の整備も多少

遅れ気味のようです。また、昨年の台風・大雨、今冬の大雪で園内は

倒木が多く自然の驚異をまざまざと感じました。

 

鳥さん達のお話しになりますが、昨年は春の到来が早くて下草が生い

茂り、見ることのできなかったコルリも見ることができ、まずまずの

鳥果でした。ただし、ギャラリーが多いことと、コルリのメスが居る

ので下に降りてもディスプレーに夢中になって水芭蕉やリュウキンカ

の咲く場所に出て来なかったのは少し残念でした。

 

突然、目の前に現れたキビ君。近すぎてこちらが後ろに下がることに・・・。

 

とても綺麗なキビ君も現れましたが、未だ縄張り争いの真っ最中でした。

 

営巣中のオオアカゲラが巣穴から飛び出した一瞬です。

 

名物の蕎麦を食べて外に出るとテラスのテーブルにゴジュウカラが・・・。

 

いつものことながら、ここで一番賑やかなのはミソサザイ。

 

 

キバシリも夫婦揃って一生懸命に子育てをしています。

 

見慣れたアオジもこの環境で見ると新鮮です。

 

オシドリも綺麗な姿を見せてくれました。

 

水芭蕉やリュウキンカの咲く所にオシドリが・・・。

 

コルリもいろいろな姿を見せてくれましたが、如何せん遠くて・・・(泣)。

 

ディスプレーに励むコルリくん。

 

 

 

高い樹上で囀るコルリくん。

 

今年はコサメビタキの存在感がイマイチでした。

 

夏鳥シーズン真っ最中、あちらこちらと甚だ忙しい毎日ですが、どちら様も

過労にはお気を付け下さいませ。デハ、マタッ。

 

 

JUGEMテーマ:野鳥

Powered by
30days Album
PR